So-net無料ブログ作成
検索選択

腹式呼吸の練習について [練習方法]

今まで演奏中に息が続かず苦しかったのですが、今回のレッスンは腹式呼吸の練習について。

まず深くお辞儀をします。次に、お腹に手をあてながら息をはいて、静かに吸います。そうするとお腹がへっこんだりふくらんだりするのがわかります。これが腹式呼吸なんですね。そして、吸ったりはいたり、お腹の感じを意識しながら体をすこしづつ起こしていきます。体を完全に起こしてもこれができていればOK、ということです。

次は楽器をもって、まっすぐ立ちます。で、そのまま左に90度上半身をひねります。こうするとお腹の下の筋肉がしまって、強くてゆったりと息がはけます。これで吹いてみると、とても楽にロングトーンが出ます。

アルトサックスの教則本へ>>
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

トラックバック 0