So-net無料ブログ作成
検索選択

ロングトーンの練習はロウソクの炎に息を吹き続ける感じ [練習方法]

息の出し方はとても大事なんですよね。キーを押さえれるようになっても、ちゃんとした息を出せなかったら、いい音が出せません。

まずはロングトーンの練習です。ロングトーンで吹くと息のムラがはっきりわかります。腹に息をためて、安定した圧力をお腹にかけながら息を吐き出します。

イメージとしては、30cmはなれた位置にあるロウソクの炎に息を吹き続ける感じ。火を消さないように、炎を傾ける。ずっと安定して炎が傾くように息をはきつづけるのを意識します。

アルトサックスの教則本へ>>

nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

トラックバック 0