So-net無料ブログ作成

ダイアトニック・スケール・コード [練習方法]

スケールの各音の上に一定の秩序で音を積み重ねていくと和音(コード)ができます。例えばCメジャースケールに3音でコードを作ると

ド・ミ・ソ (C)
レ・ファ・ラ(Dm)
ミ・ソ・シ (Em)
ファ・ラ・ド(F)
ソ・シ・レ (G)
ラ・ド・ミ (Am)
シ・レ・ファ(Bm-5)
ド・ミ・ソ (C)

これがダイアトニック・スケール・コードと呼ばれるものです。そしてこれらのコードにはそれぞれ性質があります。

ドミソはトニック(主和音)と呼ばれ、曲の中で一番安定感のあるコードです。ソシレはドミナント(属和音)。トニックにかえりたい気持ちをつよく持っています。ファラドはサブドミナント(下属和音)でドミナントの次にトニックへかえりたい気持ちを持っています。

ピアノでコードを弾きながらお辞儀をしてみるとわかるのですが、ドミソ→シレソ→ドミソと弾きます。シレソ(ドミナント)が礼をするときの音で、同時にドミソにかえりたい気持ちが起こりますよね。また、ファラド(サブドミナント)→ドミソ(トニック)は賛美歌の最後に「アーメン」と歌う場面に出てきます。

こういう風に、曲のなかでそれぞれのコードが持つ性質を覚えておくとアドリブを吹くときにとても役立ちます。

アルトサックスの教則本へ>>
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

トラックバック 0